/* アクセス解析バナーデザイン */ asallin.com 静態蒸気機関車探訪記 流山編 【D51 14】











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

静態蒸気機関車探訪記 流山編 【D51 14】 

D5114_00



千葉県流山市の流山市総合運動公園に保存されているD51形蒸気機関車の14号機です。
北海道は足の届く範囲で結構回りましたが実際に本州関東で探訪するのは実質初めてのようなもので。
千葉市にあるNUS5ももちろん蒸気機関車ではあるのですが国鉄蒸気は、ということです^^;


柏に用事があった際に寄ってみたのですが流山の公園といってもかなり街外れというか柏からすぐみたいな
感じですぐ到着することが出来ました。結構広めの無料駐車場も完備していて車でも安心。
探訪するならまず流山からと前から思っていて理由はとても簡単。北海道で活躍した機体が保存されて
いるから。晩年は旭川や名寄機関区に所属ということで宗谷本線好きとしてはまずここだろう、と。



D5114_01



なぜかこの14号機のナンバープレートを持っていたり。叔父が名寄機関区所属だったということで持って
いたものを叔父が祖父へ、祖父・祖母が亡くなった後に自分の元へやってきたものになります。

小話をひとつ。
14号機なのですが実際は14番目に造られたわけではなく1935年度発注分は川崎が1~13号機まで、
汽車製造が14~23号機までを製造したのですが完成は汽車製造のほうが1ヶ月ほど早かったせいで
1番早く作られた完成機は14号機のようです。

でもその理由ではわざわざレプリカまで造ることはなさそうな気もするので予備部品を記念品などで職員に
配ったりしたのモノなのかなと勝手に思っています^^; 叔父が運転したことのある機体なのかも聞いて
いないのではわかりませんが。聞いておけば良かったですね・・・


まぁそんな理由もあったりしてまず訪れてみた流山の探訪記を。
残りは続きでどうぞ。




D5114_01



駐車場から体育館横の上り気味の脇道を歩いていくとすぐこんな風景が見えてきます。
来る前から調べてはありましたが柵付きで中に入ることは出来ないのですよね・・・ちょっと残念です。
屋根付き保存にホーム風なものもあって豪華な感じはしました。ホームは機体が見難くて個人的には
好きではないですけど子供達とかには喜ばれるのでしょうかね。まぁ今では立ち入り禁止ですが・・・

柵は元々あってアスベストが検出されてからは立ち入り禁止になった経緯があるようです。
ここら辺は土地柄なのかわかりませんが北海道でそうなっていることは殆どないので不思議な気分です^^;
まぁ何かあってからでは困るので対応としては正しいのかもしれません。



D5114_02



配置されている向きなどもわからず昼頃に訪れると丁度逆光タイムで・・・orz
更に屋根付きで撮影対象は日陰の中と素人には難しい状況。これでLX2だとうまく撮れないパターンが
多いのですがさすがG1というかRAWを現像してみて驚きましたね。大体見た目通りな色合いでした。

では14号機そのものを見ていくわけですが他の方のレビューなんかを見ていて思っていた通りというか
状態はあまり良くない感じですね。色が青みがかった灰色なのはメンテナンスでどうにでもなりそうですが
錆が各部に出始めていて塗装下で案外進行していそうな気がしました・・・屋根付き保存という恵まれた
保存状況なのでここは早めにメンテナンスさえしてやればかなりの間良い状態を維持できそうなので早く
何とかしてあげて欲しいですね。機体そのものの状態はそう悪くなさそうなので。



D5114_03



柔らかい印象を受けるボイラー前面部。
切詰デフ、シールドビーム、ステップの乗務員用手摺などいかにも北海道型というスタイル。
デフ中段にある架線注意タグは向かって右は残っていますね。左は紛失したのか台座が残るのみ。



D5114_04



デフのバイパス点検窓は開閉式のタイプで北海道型の保存機にしては珍しいような気がしますね。
野晒しだとシリンダー底に穴が開くことが多いのですが屋根のおかげかしっかりして見えます。
ただ錆が塗装下に出始めていたりするので早めにメンテナンスを・・・流山市さん・・・



D5114_05



柵があるのですが隙間からなんとかカメラが入るので撮影には問題なく。
ただ一眼クラスだとサイズ的に入るか微妙ですね。小振りなG1でもギリギリだったので^^;



D5114_06



大規模なメンテを一回やってあげれば見違えるように綺麗な状態に戻せそうなのですが・・・
部品としての欠損もほとんど見受けられませんし、非常にもったいない感じがしますね。



D5114_07



空気溜めの上に土埃というか・・・どれだけの期間放置したらあんなに溜まるのか謎です。
せっかくの貴重ななめくじ形なのに。



D5114_08



発電機、ATS発電機、安全弁。
日陰だからこんな色合いになったんでしょ?と思われそうですが実際にこんな色なんですよね。
違和感がありすぎますよね・・・黒色に見慣れた目には・・・



D5114_09



自分には見慣れた密閉キャブ。
こちらの方は見慣れないのでしょうけど自分にとっては開放キャブの方が違和感が^^;



D5114_10



ナンバー、銘板共に健在。
北海道改造型には標準搭載されていたタブレットキャッチャーも。
バタフライスクリーンはこちら側は壊れたのか紛失したのか台座部分のみ・・・公式側は健在でした。



D5114_11



柵や木が生えている影響でなめくじドーム全体を撮影できるポイントがあまりなく・・・



D5114_12



テンダーはちょっとしたメンテで大丈夫そうというか全体的にちょくちょくメンテしていればこうもならなかった
だろうという感じで本当にもったいない感じなのですよね。塵も積もれば山となるといった感じで・・・



D5114_13



平成10年・・・しばらくってどのくらいですか?
何を点検しているのだろうか・・・



D5114_14



封鎖された扉の隙間から。
ここを歩いていってあそこの階段を登り・・・と頭の中で妄想していましたね^^;



D5114_15



太陽光が・・・
特に何の変哲もないのですが耐寒型の前照灯が目に付きます。



D5114_16



長年展示開放していないのと柵のあるおかげなのかはわかりませんが前後共に前照灯ガラスが全て
健在というのは素晴らしいことですね。心無い人が多いせいで破損することが多い部分ですし。



D5114_17



斜め後方側からは公式側はまともに見ることはできません。



D5114_18

D5114_19

D5114_20



一緒に展示されている客車、キハ31。製造時のお値段なんと8,650円!
流山で活躍していた元気動車のようです。それにしても押し掛けとは大変そうだ・・・



D5114_21



上部シルエットだけはなんとか伺えます。



D5114_22



さりげなく設置されている説明プレート。
読みながら機関車を眺めることができない位置に・・・撮影の邪魔にならない点ではいいんですけどね^^;



D5114_23



このホームスタイルはあまり好きではありませんが、中の柵さえなければ実際にホームに停まっている
ように見えて実感的だな、と。ここまで本格的なものならいいのかもしれません。



D5114_24



公開はしなくてもいいのでなんとかメンテナンスだけはしてもらいたいものです。
ただこのホームがあることで公式側足回りなんかのメンテナンス性は最悪でしょうけど・・・



D5114_25



ざっくばらんに置かれて展示されているスノープロウ・・・なぜ・・・
タイプ的にはいかにも北海道型という角型タイプのものではないですね。96なんかによく装着されている
タイプとでも言えばいいのか・・・名称がよくわかりません^^; それにしてもなぜわざわざ取り外したの
でしょうね。見慣れないからでしょうか?北海道だとほとんどが装着されたまま保存されていますが・・・



D5114_26



とまぁ柵の周りを1周して戻ってきた感じですが流山で保存されているD51 14でした。
恵まれた保存状況にあるのにもかかわらず放置されているのはなんだかなぁという気がしました。
凄く残念ですね。ちょっとでいいのでメンテナンスしてあげて欲しいです。状態は良くないですがメンテ次第
でかなり良い状態に戻せそうですし。もしそうなったら是非また訪れてみたいものです。



[ 2009/10/12 ] 鉄道・鉄道模型 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asallin.blog109.fc2.com/tb.php/1073-605e23b5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。