/* アクセス解析バナーデザイン */ asallin.com お買い物











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お買い物 

MEU(SOC)PISTOL


WAMEUMCB_01



予約していたWesternArms社の S.C.W./MEU(SOC)ピストル ミッドモデル カーボンブラックHW です。
今回はアーリー・モデル、ミッド・モデルが発売されましたが両方買う元気がなかったのでノバックタイプの
サイトを装備したミッド・モデルを購入しました。撮影した時点でグリップなど全てノーマルのままです。



WAMEUMCB_02



以前購入したハードボーラーのカーボンブラックHWでは銃そのものに色合いがあっていない様な
印象を受けましたが、今回のMEUピストルだとパーカライズっぽいこの色合いは非常に好印象です。
実際、ミリフォトなんかで見かけるMEUピストルもこんな感じに色合いで写っているものもありますしね。
グリップはPachmayr社の GM-45C に変更する予定です。



WAMEUMCB_04



刻印部のアップです。MEUピストルはスプリングフィールドアーモリー社のスライドが使用されていることが
多いですが、今回のモデルは 「MODEL 1911-A1 CAL .45」 とあります。最近は 「PROFESSIONAL CAL .45」
というM1911A1プロフェッショナルモデルのスライドが多いように感じますが、このモデルはミッド・モデル
なので過渡期的なモデルということですね。嫌な言い方をすればプロフェッショナルモデルのスライドだと
フロント方面に 「SPRINGFIELD Custum」 という刻印が追加され、そこにセレーション加工がされるという
手間を避けるためレイトモデルの発売を控えた?、という考えも・・・


ここら辺はJ-Armory製のMEUピストルの方が再現性が高く感じますが、このモデルはミッド・モデル、
J-Armoryはレイト・モデルということで納得しておきましょう。レイト・モデルの発売が発表されたら
どうしよう!という一抹の不安が・・・でたらでたで買ってしまうのでしょうけど。



WAMEUMCB_03



旧作のMEUピストルでは再現されていなかったスプリングフィールドアーモリー社の刻印が!
セレーションはあまり見ないタイプが選択されているようでイメージとは多少違います。
まぁここら辺はいろいろなタイプがありそうなMEUピストルなのでなんとも言えませんが・・・
古くからのファンの方であればノバックサイトやエッグホールタイプのハンマーというよりは、
ハイサイトでリングハンマー、グリップセーフティもストレートタイプというイメージをお持ちでしょうしね。



WAMEUMCB_05



刻印部のアップ。M1911A1のスライドを再現しているのでスプリングフィールドアーモリー社の
エンブレムは前方寄りになります。プロフェッショナルモデルであればエンブレムが後方で前方に
「SPRINGFIELD Custum」 の刻印が入ります。これは当ブログで以前紹介したJ-Armory製の
MEUピストルと比較すればわかりやすいですね。
今回はチャンバーカバーが金属化された恩恵か重量増加が感じやすくかなり重く感じます。
実射は全然していないので性能はわかりませんが、いつものWA製品通りかと思います・・・
断言は出来ませんが・・・



WAMEUMCB_06



ちょくちょく文句を言っていますがかなりお気に入りです。スプリングフィールドの刻印が入ったこと、
カーボンブラックの色合いが好ましいこと、これだけで基本的に満足です。
敢えて言わせて貰えば値段が、値段が高すぎます・・・ここだけ何とかしてください。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asallin.blog109.fc2.com/tb.php/241-08e56a2e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。