/* アクセス解析バナーデザイン */ asallin.com 趣味の一品











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

趣味の一品 

天賞堂  カンタムサウンドシステム搭載  D51 半流北海道型


TEND51_02



写真を取り直してみただけですが・・・当時のインプレはこちら


今、改めてこのD51に思うことはやっぱり音があるといいなということでしょうか。
音が実際のものと似ていない感じがするとか惰行状態のサウンドが・・・とか細かい文句なんて音が鳴らない
ことに比べれば些細なことかと思えます。実際このD51を走らせ始めてからは他のモデルを走らせる機会は
かなり減ってしまいました。次製品は標準型D51のようですが、どんどんこのシリーズを充実させていって
欲しいものです。それが96やC62、C57、C55あたりだったらすごいありがたいことですが・・・



TEND51_03



Nゲージとは全然細密感が違いますね・・・サイズが大きく再現性が上がるわけですから当たり前ですけど。
飾っておく時には機炭間を狭くできるようになっているのもいいですね。



TEND51_04



好きな角度から。いいな、としか言いようがないです・・・


というわけでカンタムD51半流北海道型の撮り直しでした。
[ 2008/04/16 ] 鉄道・鉄道模型 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asallin.blog109.fc2.com/tb.php/330-cafd217c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。