/* アクセス解析バナーデザイン */ asallin.com 趣味の一品











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

趣味の一品 

Max Factory  1/8  シャナ


MF_Shana_01



Max Factoryのフィギュアで 「灼眼のシャナ」 のヒロインであるシャナ。初回販売は2007年11月。
昨日のアルターのKOS-MOSで髪の毛がクリア成形という件を書きましたが、これがクリア成形だったという
ことでそういえば撮影していなかったと撮影してみたので、ついでに軽くレビュー。



MF_Shana_02



かなり意識して造られたのか、のいぢ絵そのままな感じでうまく立体化されていますね。
髪の毛の表現方法も悪くないと思います。コキュートスも細いワイヤーを利用してきちんとペンダントのように
見えますし。刀である贄殿遮那もこの画像だと良くわかりませんが実際にはかなり綺麗に塗装されています。
色々なメーカーからシャナは立体化されていますが、今見てもシャナの立体物としては上位ではないかと。



MF_Shana_03



弱点としてはこの画像でもわかるように、横から見た場合は顔が平面過ぎることでしょうか。
まぁ敢えて横向きに飾ろうという方は少ないとは思いますが、せっかく立体化されたものならどの角度から
みても破綻のない造形を期待してしまいます。正面の完成度を優先させたからか少し残念ですね。



MF_Shana_04



ただ本当に真正面だけというわけではなく、この角度くらいまでならギリギリ許容範囲でしょうかね。
そんなに悪くない感じだと思います。これ以上横方向から見ると平面的な部分が目立って違和感が・・・
あと敢えて個人的に思うことは、1/8サイズなのでかなり小さく感じることくらいでしょうか。Maxは結構1/7
とかのサイズが好きなのに何故身長が低めのシャナを1/8で発売することにしたのか・・・


別に小さいのが駄目というわけではないんですが、だったら基本的に1/8で発売して欲しいですね。
集めているとスケール違いのフィギュアがあると飾っていて統一感がでないので。


ただ以上の点を踏まえても原作絵再現のシャナ立体物としては最高峰だと個人的には思っています。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asallin.blog109.fc2.com/tb.php/585-57adc256


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。