/* アクセス解析バナーデザイン */ asallin.com 趣味の一品 <リアル・ライン D51 北海道型 D51 711 標準ギースル装備>











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

趣味の一品 <リアル・ライン D51 北海道型 D51 711 標準ギースル装備> 

RLD51711_01

このくらい離れるとそこそこのプロポーションに見えます。



RLD51711_03

アップで見てみると・・・キャブが後ろ下がりに・・・



RLD51711_04

合併テコと結びリンクの接合部・・・どうにかならなかったのでしょうか。



RLD51711_02

非公式側(正面左側)のデフが内側に曲がっているため左右等間隔ではなくなっています。
給水温め器も傾いてますね・・・これはむしろリアルなのかもしれないが・・・



D51397_01

比較参考用に静態機397号機。



Nゲージ新規参入メーカーであるリアル・ライン社のD51 北海道型
2007年5月に購入。

D51 710標準型も同時発売され、そちらも購入しました。
発売予告から発売までが大幅に延び、さらに発売時にも生産数が予定よりも
かなり少なかったため発売当初はユーザーに行き渡らなかったようですね。
自分は発表当初に何の疑問もなく予約したので両方とも発売日に入手できましたが・・・


さて、このD51。値段や造型の点で賛否両論の製品となってしまったようです。
Nゲージで蒸気機関車を主に販売しているメーカーがKATOアリイ(MICRO ACE)
ワールド工芸などありますが、自分は今までKATO、ワールドを主に購入していました。


KATOはちょっと大きめ、ワールドは真鍮キットのためどうしても製作が面倒であったり
完成品はかなり高額と増備するには難あり。アリイはC62 3号機を購入したことがあるが、
あまりの似てなさにそれ以来蒸気は手を出していません。


これだ、と言えるメーカーは自分にとってはKATOくらいしかなかったのです。
KATOは見た目はそっくりなんですがちょっと大きかったり、素の状態なので
北海道型好きの自分としてはメイクアップ用の社外パーツをつけて塗装したりと
好きな人にはいいけれど、自分としては面倒・・・


そこにリアル・ラインから北海道型が発売。値段もまぁ高いという程でもないかということで
予約しました。


忘れた頃に届いて開けてみると、最高だ!とはいかないまでも頑張って発売したんだろうなと
いう思いのほうが強く、更に改善された北海道型の蒸気をどんどん発売していってくれたらな、
と思いました。
確かにアップで見ると厳しいところが多いのかもしれませんが、走らせて遊ぶ分には
十分なディティールだと思います。


が、しかしよく聞く走行性の悪さはどうなのよ?ということで走らせてみると確かに・・・
きついところもありますね。
若干の坂でも滑って走らなくなることがあります。しかもそれは勾配としての坂ではなくて
畳の段差の所為でできた坂ででもです・・・重連させればほぼ大丈夫ですが・・・


まぁこれは個体差などもあるのでちょっと検証しづらいですけれど。


とりあえず単機でのKATOセキ3000を20両牽かせてみると前進はできませんが
後進はできました・・・重心がよくないのでしょうか・・・
調整すればうまく牽けそうですけれども。


まぁ悪いところばかりが目立ちますが自分は気に入っています。
これからも頑張って販売・製造していってくれることを切に祈って。
[ 2007/07/28 ] 鉄道・鉄道模型 | TB(1) | CM(2)

かっこいいっすね~

Nゲージ、懐かしい・・・。
小学生になる前までは電車大好き人間でした。
で、親の知り合いがNゲージもういらないということで貰った覚えがあります。
すげー精密に作られていて、プラレールで遊んでた俺はすげーびびりましたね。

田舎である青森までは、新幹線を使わず、寝台特急はくつるに乗って行ってましたね。(俺が寝台がいい!と言っていたらしい)

Nゲージとか飾ってあるオシャレな家に住みたい。
[ 2007/07/30 10:40 ] [ 編集 ]

オシャレな家

Nゲージだと目立たないから
大きいゲージの模型を玄関先の靴箱とかの
上に飾れるような家に住みたいかな。

はくつるとは渋いなぁ。
わからないかもしれないけど当時は583系
(クリームに青帯が入ったいわゆる特急車両)だったのでしょうか?
近年までは電気機関車が牽引するブルートレインになっていましたが・・・
[ 2007/07/30 14:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asallin.blog109.fc2.com/tb.php/59-e1b46732


C59 124号機 門鉄デフ(天賞堂 真鍮製 N

ボディ材質:真鍮最小通過半径:280mm ポイント6番以上ナンバープレート貼り付け済み、テンダー搭載用石炭付属 Nゲージ C59形蒸気機関車 124号機門鉄デフ   C59は、トラブルを抱えていたC53に代わる急行旅客用蒸気機関車として 昭和16年から22年にかけて173両が製造され
[2007/08/16 06:26] URL Nゲージの1日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。